ホーム 製品 ガイド 会社概要 パートナー お問い合わせ
パッセルって? パッセル概要 パッセルの機能 パッセル導入のメリット 使い方:例 レビュー
パッセルの機能
パッセルでは、取り扱おうとする対象を構成する「概念」や「要素」は、 お互いに何らかの関係性を持っているものとして想定します。

ここでいう「関係性」とは、上記の「概念」や「要素」が他の「概念」や「要素」 の状態によって自分の状態に影響を受けたり、逆に与える、その「ルール」を指します。

従来の手続き型処理系は、対象を「入力データとその値に対する手続き」と考え、 パッセルのように対象を「要素間の関係性」という視点から捉えていませんでした。

このためにシステムを構築する際には、対象の全体を把握し、その要素や概念を 「入力データとその値に関する手続き」に変換してから記述する必要がありました。

このため、要素間の関係性に変化が生じるとすべてを見直す必要がありました。 要素数が多くなり関係性が複雑になると、その対処にあたる工数は指数的に大きくなります。

また、オブジェクト指向といわれる処理系でも、対象を「要素」の集合と捉え、 その要素間でメッセージをやり取りすることで対象の振る舞いを再現しますが、 お互いの関係性の定義は明示的に記述されませんでした。

パッセルでは、対象をそのまま定義し、それらの関係性を明示的に定義することで、 従来の処理系が持ち得なかった柔軟性と自明性を持つことになりました。
メール